タイトルlogo                  
パソコントラブルが生じたとき、原因がはっきり分かっている場合は、その原因を取り除くことによって解決できます。
しかし、原因が分からない場合でも、症状やエラーメッセージを頼りに、修復できることがあります。ここでは、様々な解決手法を探ってみました。

トラブルの種類に応じた解決策

トラブルの種類

トラブル発生! さて、どこで調べたらいいか?

インターネットの検索からキーワードを入れて調べる
ヤフーやグーグルの「検索窓」に調べたいことをキーワードで入力すると関連するサイトが表示されます。最も、手っ取り早い方法ですが、ただ、その情報を鵜呑みにすると、余計悪くなる場合もあります。
Google
 
Microsoft サポート のホームページで調べる
★★上記サイトをクリックすると、Windowsや Office製品、Microsoftアカウントなど製品別に問題解決が行えます。最も確実な情報です。
   また、初心者向けに、「PC初心者向けサポート」もあります。
「修復と回復」についてのヘルプは、修復と復元 - Windows ヘルプ が役に立ちます。ページの右側の下矢印をクリックしてOSを選択してください。
エラーメッセージが表示された場合は、下記のサイトで検索する
エラー メッセージの検索 ・・・・・・・Microsoftサポートの検索窓に表示されたエラーメッセージの一部を入力すると、候補が表示される。

Google検索などでは、「エラー」または「エラー メッセージ」と入力し、続けてエラー コードを入力すれば、検索できます。たとえば、「エラー "ファイルが見つかりません" 製品名」と入力して検索します。
インターネットにある「トラブル解決サイト」で調べる
 ★★121ware.com サービス&サポート Q&A ・・・・・キーワード(「パソコンが起動しない」など)を入力して検索してください。
 
注意事項
トラブルを修復する時、どうしても設定の変更が伴います。その変更が正しければいいのですが、そうでない場合、余計に悪くなることがあります。
修復前の状態にいつでも戻せるよう、事前に復元ポイントの作成やレジストリなどのバックアップを行ってください。また、重要な書類が保存されているなら、それもバックアップしておくと、更に安心できます。
「Microsoft サポート」で、自分のWindowsのバージョンに応じて、検索窓に、「バックアップ xp」、「バックアップ vista」、「バックアップ 7」、「バックアップ 8」のいづれかを入力すれば、Windows付属のバックアップツールの使い方が書かれたサイトが表示されます。
メーカー製のパソコンには、メーカー独自のバックアップソフトやサポートツールが必ずインストールされています。どのツールやソフトが自分に合っているかどうかは、試してみるしかありません。

個別の機器やソフトに関するトラブルはどこで調べるか

トラブルの原因がハード(機器)にあるのか、ソフト(OSやアプリ)に問題があるのか分からない時
最初に、ハード面(特にHDDとメモリはよく壊れる)に異常がないかを、チェックしておくといい。
ハードに問題があるのに、ソフトの修復作業(再インストールなど)をいくら行なっても無駄になるだけです。まず、接続しているすべての周辺機器(USB接続など)をいったん外して起動してみましょう。それで問題が起きなければ、外した機器(ドライバ含む)に原因があります。
突然キーボードで文字入力できなくなった時、キーボード本体が壊れているのか、ドライバソフトに問題があるのかよく分からない時があります。キーボードを別のものと替えてみるのも一つの方法ですが、ブータブルCD/USBで試す方法もあります。WindowsPE、KnoppixやBartPEなどを起動して、文字入力ができれば、キーボード本体には問題がないと分かるので、「システムの復元」で解決できる場合が多い。
パソコンの調子がおかしくなった時、ブータブルCD/USBを利用すると、ハードに問題があるのか、ソフトに問題があるのかを切り分けるのに大変役に立ちます。私の場合、Windows PEのブータブルUSBで起動しておいて、修復ツールを入れた別のUSBメモリを挿して、修復することもあります。
Windowsが起動できる場合は、「デバイスマネージャー」の画面で、×印や?印!印がついている機器がないか、よく確認しましょう。
各機器・ソフトメーカーのホームページでサポート情報を調べる
どこにそのページがあるのか分かりにくい場合、上記「検索窓」で該当の機器名やソフト名を入力すると必ず見つかります。
機器・ソフトに付属していた説明書は必ず読んでください。説明書をなくさないように私は各機器・ソフトの箱ごとまとめて保管しています。
どうしても分からない場合は、メーカーに直接電話で聞くしかありません。変にいじくり回すよりも、結果的には、聞いた方が早く解決することが多い。
個別ソフトについては、ソフトの画面から、メニューバーにある「ヘルプ」で調べる
ヘルプのどこに書いてあるのか探すのが面倒ですね。読んでも分からないことが多いんです。該当ソフトを開き、「ヘルプ」メニューのプルダウンメニューにメーカーのサポートサイトが表示されていればそこをクリックしてメーカーのWebサイト上で調べることも可能です。

トラブル時、ちょっと役に立つ知識 ・・・・ 調べるのも面倒な時・・・・

メーカー別、WEBブラウザでルーターの設定画面を表示するためのアドレス、ユーザー名、パスワード
ルーターの
メーカー
ルーターの設定画面を
表示する時に使うアドレス
ユーザー名
(初期値)
パスワード
(初期値)
エアステーション
(バッファロー)
192.168.11.1 新しいのはadmin
古いのはroot
新しいのはpassword 
古いのは空欄
COREGA(コレガ) 192.168.1.1 root 空欄
Logitec(ELECOM) 192.168.2.1 admin admin
Aterm(NEC) 192.168.0.1 admin 自分で作成
PLANEX 192.168.111.1 admin password
光BBユニット
(Yahoo!BB 光withフレッツ)
172.16.255.254  user  user
ひかり電話対応ルーター
(NTT)
192.168.1.1
http://ntt.setup/
admin ないし user 自分で作成
CTU(加入者網終端装置)
IPアドレス:192.168.24.1
https://ctu.fletsnet.com お客様ID
「お申込内容のご案内」
アクセスパスワード
「お申込内容のご案内」
PCメーカー別、トラブル解決時に使用するキーとツール
メーカー製PCをリカバリする場合、起動時に特定のキーを押して、HDD内のリカバリイメージを使って行うのが一般的です。
しかし、HDDが壊れると、その方法が利用できなくなることがあります。そのような事態に備え、再セットアップメディアを作成しておいてください。

■注 意
 USB回復ドライブを用いて、再インストールした場合、購入時と全く同じにならないものもあります。別途、アプリやドライバをインストールしなければいけないケースもあります。
メーカー BIOS
Setupキー 
 HDDリカバリ領域
リカバリ専用キー
 再セットアップメディア
作成ツール(Win8.1)
 Boot Device
Menu キー
起動しない時
使えるボタン 
ドライバ・アプリ
アップデート 
富士通  F2  F4  バックアップナビ  F12  サポートボタン  アップデートナビ
NEC  F2  F11 再セットアップメディア
作成ツール
(8/8.1)
   BIOS画面の
HDD Recovery
 Smart Update
パナソニック  F2 リカバリディスク作成ユーティリティ      
ソニー  F2  F10 Vaio Care    assistボタン  Vaio Update
東芝  F2 ・0(わ)を連打
・0を押して電源
TOSHIBA Recovery Media Creator  F2    東芝サービスステーション
Epson Direct  F10    回復ドライブ作成      
DELL  F2  Ctrl+F11  Dell Backup and Recovery  F12    
HP  F10  F11  HP Recovery Manager  F9    
ASUSTeK  Delete    回復ドライブ作成      
Acer  Delete  F10  回復ドライブ作成  F12    
Lenovo  F1    回復ドライブ作成  F12    
PCメーカー別、付属のバックアップツール
メーカー製PCに付属しているバックアップツールには、ハードディスクを丸ごとバックアップできるものがあります。
HDDが壊れたり、システムが不調になる前に、外付けハードディスクや増設内臓ハードディスクを用意して、そこに今現在のHDDの状態を丸ごとバックアップしておくことをお勧めします。再インストールを行うよりも簡単にその時点の状態に復元できるので、楽です。
 ■付属のツールがない場合
  ・Windows10に付属の「バックアップと復元(Windows7)」を起動して、「システムイメージの作成」を実行すると、丸ごとバックアップできる。
  ・無料のバックアップソフト(AOMEI Backupper Standard Edition など)をダウンロード・インストールすると、丸ごとバックアップできる。

 メーカー  バックアップツール ドライブ 丸ごとバックアップの可否
ASUS JAPAN 株式会社 ASUS Backtracker  ×
Gateway  
NEC パーソナルコンピュータ株式会社 おてがるバックアップ  ○ 再セットアップメディアを別途作成しておく必要があります
エプソンダイレクト株式会社  
ソニー株式会社 X-アプリ  ×
デル株式会社 Dell Backup and Recovery  ×(ただし、お金を払ってアップデートすると、○)
株式会社 東芝 TOSHIBA Backup Utility  ○
日本エイサー株式会社 Acer Backup Manager  ○
日本ヒューレット・パッカード株式会社 HP Recovery Manager  ×
パナソニック株式会社  
富士通株式会社    バックアップナビ  ○ (Windows10にアップグレードすると、×)
株式会社マウスコンピューター PowerBackup  ×
レノボ・ジャパン株式会社  
Microsoft Officeの再インストールができない(Microsoftアカウントを忘れた、削除されてしまった)
Windowsをリカバリした後、Officeを再インストールしようとしたら、再インストールできなくて困ったという経験ありませんか。
Office2013以降は、マイアカウントページからダウンロードできるようになりました。
その場合、Microsoftアカウントが必要となります。アカウントがない場合は、新たに作成する必要があります。

問題発生 解決方法
PCのどこを探しても、OfficeタイルやOfficeアプリが見当たらない場合には、右のサイトからOfficeをダウンロードして、インストールすることができます。

※Office2007とOffice2010は、CDからインストールすることも、ダウンロードしてインストールすることもできます。

※Office2013以降は、CDは添付されていません。
【Office2013以降のダウンロードサイト】
 さあ、Officeを取得しましょう 
マイアカウントページからダウンロード。Microsoftアカウント必須。

【Office2007とOffice2010のダウンロードサイト】
 以前のバージョンの Office をダウンロードする 
アカウントは不要ですが、Officeプロダクトキーが必須。
プロダクトキーを入れてもダメな場合、Microsoftに問い合わせが必要。
Microsoft アカウントは覚えているが、パスワードを忘れた。 サインインできない理由は何ですか
Office 2013以降で、Microsoftアカウントを忘れてしまった。
または、最初から作った覚えがない。
Office で使用するアカウントまたはパスワードを忘れてしまった - Office サポート

新規にアカウントを作成してから開始してください。
その後、プロダクトキーを入力していくと、Microsoftから何らかのヒントが返されます。忘れたMicrosoftアカウントの一部とか。
Officeプロダクトキーの最後の5桁を調べる方法
(office15をoffice16にすると、office2016でも調べられる)
インストールされている Office 2013 または Office 2010 のプロダクト キーを特定する方法
Office2000/2003/2007/2010のプロダクトキーを調べる 下記のフリーソフトで調べることができます。
ProduKey - Recover lost product key (CD-Key) of Windows-MS-Office-SQL Server
※プレインストールPCでは、本当のプロダクトキーが表示されない。
マイクロソフトAnswerDesk窓口

TEL:0120-54-2244 平日9:00-18:00土日10:00-18:00
Microsoft サポート
どうにもならない場合、その状況を窓口で相談を受ける。
Microsoftアカウントが削除されてしまった 下記「アカウントの回復」でも回復できない場合、Microsoftサポートに問い合わせすること。
アカウントの回復

Microsoftアカウントは、一年以上サインインしてないと、勝手に削除されることがあります。長い間、ネットにつないでいない方は、既に削除されている可能性があります。特に、ローカルアカウントでログインしている方は注意が必要です。
トラブル解決に役立つツール
PCパフォーマンスチェッカー
System Explorer
無償 トラブルシューティング ツール

メーカー独自のサポートツール
■NECパソコン
Smart Update
 NECパソコンに必要な修正・アップデートモジュールやパソコン診断サービスを自動で受けることができる。2009年10月以降のNECのパソコンで、Windows 7 を利用している方が対象
121ware サポート情報検索
 キーワード検索またはトラブル事例から調べる。
トラブル・故障診断ナビ
 質問に答えていくと、トラブル解決のヒントが見つかります。

■DELLパソコン
Dell PC Diagnostics
 PC-DoctorによるデルのPC診断プログラム。システムのハードウェアのテストと最適化をWEBで実行できる。
Dell Backup and Recovery
 再インストールディスクの作成

■VAIOパソコン
VAIO Update
 必要なプログラムを自動でダウンロードできる。
VAIOリモートサービス
 インターネット経由で、同じ画面を見ながらオペレーターが操作方法やトラブル解決方法をご説明します。

■FMVパソコン
ネットで故障診断
 オンラインで簡単に故障かどうかを診断することができる便利なサービスです
リモートサポート
 富士通サポート担当者が、あなたのパソコン画面を見ながら、問題解決してくれます。
アップデートナビ
 2003年冬モデル以降、プレインストールされている。ドライバ・添付ソフト・BIOSを更新できる。
FMVサポートナビ(サポートナビ)
 データのバックアップ、「マイリカバリ」によるCドライブのディスクイメージの作成が可能。
バックアップナビ
 データのバックアップだけでなく、Cドライブをまるごとバックアップできる
トラブル解決ナビ
 Windowsが起動しない時に利用します。ハードウェアーの診断やパソコンを購入時の状態に戻すことができます。

メーカーのサポートサイト
パソコントラブル解決&サポート検索&リンク集

インターネット接続でトラブル
インターネット プロバイダ別サポート情報
eoユーザーサポート|接続方法
NTT西日本 | フレッツ公式 |
Yahoo! BB 光 with フレッツ|接続と設定|
Yahoo! BB 光|ルーター機能の設定|
無線LANトラブルシューティング
無線LANかんたん設定

ドライバのアップデート・バックアップ
Driver Booster (ドライバーブースター)4 Free
Double Driver - backup and restore
トラブル解決に役立つサイト
マイクロソフト コミュニティ
Q&A- AzbyClub (富士通)
121ware.com (NEC)
パソコントラブル解決&サポート検索&リンク集
バックアップと復元 - MicrosoftWindows